睡眠時無呼吸症候群について
2012年1月14日

sas  「あなた昨晩いびきが途中で止まって呼吸してないみたいだったわ」
このようなことをご家族の方に指摘されたことはありませんか?
「睡眠時無呼吸症候群」とはその名の通り、寝ている間に呼吸が止まる病気です。ただ、当の本人にはその自覚がなく、指摘されてもピンときません。
「たくさん寝たはずなのに寝たりない」とか、「昼の会議になると眠くなる」 といった症状に始まり、ひどくなると、「ずっと疲れがとれない」 といった症状に発展することもあります。
夜間の呼吸状態は比較的簡単な検査で調べることが可能です。名刺大のサイズで3cm程の厚さの機械を一晩お貸しします。そして、鼻と指に簡単なセンサーを取り付けた状態で、普段通り眠っていただくだけで結構です。翌日に機械をクリニックまでお持ちいただければ、その結果を解析いたします。
異常が見つかった場合は、引き続き当院での治療対応(CPAPという機械を貸し出しいたします)が可能となります。また、中等度異常の際は提携病院での精密検査をご案内いたします。
当院での検査料金は3割負担の方で3500円程度となります。ご心配な方はどうぞお気軽にご相談下さい。



たかぎクリニック  ― 内科・小児科・糖尿病 ―
名古屋市名東区石が根町98番地  TEL 052-774-5552

HOME  診療案内  医師の紹介  交通案内  コラム  リンク

各種予防接種  糖尿病診療  睡眠時無呼吸症候群  禁煙外来  インフルエンザ予防接種  花粉症  産業医
よくあるご質問  連携病院  スタッフ募集

サイトマップ   スマートフォン・サイト   病児・病後児保育室よつば