インフルエンザ予防接種について

インフルエンザ


インフルエンザワクチンQ&A 〜よくあるご質問〜



Q ワクチンを接種したら、インフルエンザにはかからないの?
Q 接種をしてもかかってしまう事はあります。ただしワクチン接種をする事で、「かかりにくくなる」「かかっても軽くすむ」という2つのメリットがあります。
   
Q ワクチン接種後、抗体はどれくらいで出来るの?
Q 接種後2〜3週間程度でできます。
   
Q 早い時期に接種すると後になって効果がなくなるのでは?
Q ワクチンの効果は個人差はありますが、おおむね5〜6ヶ月程もちます。つまり10月に接 種しても3月頃までは抗体はあります。過去の流行状況から考えて、より有効性を高め るために、10〜11月中に接種する事をおすすめします。
   
Q 何歳までが2回接種ですか?
Q 小学生までが2回接種です。(中学生からは1回)
   
Q なぜ子供は2回接種が必要なの?
Q お子様は大人に比べインフルエンザに対する免疫が低く、2回接種する事により、より免疫力が高くなるためです。
   
Q 1回目と2回目の間隔はどれくらいがいいの?
Q 2〜4週間がベストです。
   
Q 赤ちゃんでも接種できるの?
Q 6ヶ月から接種可能です。尚、1歳未満のお子様は、他のワクチンを優先する事をおすすめします。
   
Q 受験生は2回接種したほうがいいですか?またいつ接種すればいいですか?
Q より免疫力をつけるためには2回接種をおすすめします(当院スタッフは毎年2回接種しています)接種時期に関しては、10月下旬か、遅くとも11月初旬までに1回目の接種をすませておく事がよいと考えます。
   
Q 授乳中でも接種できるの?
Q 接種できます。
   
Q 妊娠中でも接種できるの?
Q 妊娠中(全週)でも接種できます。
(安全性については問題ないと報告されており、世界的に妊婦さんには積極的接種が推奨されています)
 妊娠中のワクチン接種のメリットは、@母親自身の発症、重症化を防ぐ A母体を通して抗体がお腹の赤ちゃんに移行するため、出産後の乳児の感染防御や重症化防止のメリットがあります。
(乳児への免疫は約6ケ月持続するといわれています)
   
Q ワクチンはA型、B型のどちらにも効果があるの?
Q A型、B型ともに効果はあります。



ワクチン接種後の注意事項


@接種部位は、揉んだり、掻いたりしないでください。(腫れやすくなります)
A入浴はしても問題はありません。
B接種部位のシールは、接種後30分ほどではがしてOKです。
C接種日は、汗をかくような激しい運動は控えてください。
D稀に接種部位が腫れたり、痒くなる事がありますが心配はいりません。(腫れがひどい、発熱した等でご心配な症状があればお気軽に受診してください)


院長より

インフルエンザ予防接種の病気予防効果は完璧ではありません。
メリットは「かかりにくくなる」「かかっても軽くすむ」の2つに集約できますが、予防接種をうけた上で「うがい」「手洗い」「十分な休息」を心がける事が大事です。


インフルエンザ予防接種について詳しくは、下のコラムをご覧ください

インフルエンザ予防接種について





HOME  診療案内  医師の紹介  交通案内  コラム  リンク

各種予防接種  糖尿病診療  睡眠時無呼吸症候群  禁煙外来  インフルエンザ予防接種  花粉症  産業医
よくあるご質問  連携病院  スタッフ募集

サイトマップ   スマートフォン・サイト   病児・病後児保育室よつば