禁煙外来について その1
2012年5月10日

医師と禁煙していきましょう


 日本人の3大死因は「脳卒中」「心臓疾患」「悪性新生物(がん)」です。
 実はこの3大死因の全てに喫煙は深く関わっているのです。
 タバコを吸うと肺がんになりやすいということは多くの方がご存知かと思います。ただし、胃がんや大腸がんも喫煙と関係しているということをご存知のかたはあまり多くありません。喫煙と発癌のメカニズムを簡単にご紹介いたします。
 タバコの中に含まれているニコチンやタールといった物質は体の免疫力を低下させます。それと同時に体内の細胞分裂の際に遺伝子に傷をつけます。私たちの体内では毎日数多くの細胞ができては壊れてということを繰り返しています。正常な細胞は一定の期間がすぎると自然死(アポトーシスといいます)して、新しい細胞に置き換わります。ただ、遺伝子に傷のついた細胞は自然死することなく異常な増殖を繰り返します。これが癌なのです。タバコを吸わなくてもストレスやその他の要因でこのような遺伝子の傷は一定の頻度で発生します。しかし免疫系統が正常に作用している間は速やかに体内から除去されます。ただし、タバコを吸っていると遺伝子の突然変異の頻度が増す一方で、免疫力が下がるので、発癌の頻度が増えるというわけです。
 また脳卒中と心筋梗塞は動脈硬化からくる病気です。動脈硬化の原因は「高血圧」「高脂血症」「糖尿病」「加齢」等が挙げられますが、それら全てを上回る危険因子が「喫煙」なのです。当院では血管年齢を簡単な検査で測定することが可能です。気になる方は一度ご相談ください。


禁煙外来について その2
2012年5月日

 


たかぎクリニック  ― 内科・小児科・糖尿病 ―
名古屋市名東区石が根町98番地  TEL 052-774-5552

HOME  診療案内  医師の紹介  交通案内  コラム  リンク

各種予防接種  糖尿病診療  睡眠時無呼吸症候群  禁煙外来  インフルエンザ予防接種  花粉症  産業医
よくあるご質問  連携病院  スタッフ募集

サイトマップ   スマートフォン・サイト   病児・病後児保育室よつば